バイアグラという名前は何度か目にしたことがあるはずです。世界で最も愛用されているED治療薬で、シルデナフィルという成分が勃起を促進してくれます。そんなバイアグラを簡単に試す方法としては通販サイトを利用するという手段が挙げられます。このサイトでバイアグラが自分に合うか確かめてから購入してみましょう。

なぜ女性はバイアグラではなくラブグラなの?

この記事は約 4 分で読めます。

バイアグラはEDになった男性の治療薬として販売されていて、その主成分はシルデナフィルであり、女性用のバイアグラと呼ばれているラブグラにもシルデナフィルが主成分として配合されています。
同じシルデナフィルを使っているので効能も同じであり、どちらも性器周辺の血管を拡張させて血流量を増やすことを目的としています。
ただし同じ主成分を使っていても、その用途は少し違っていると言っていいでしょう。
男性が使うバイアグラの利用目的とは、肉体的要因でEDとなる理由に多い陰茎内にある海綿体に流れ込む血流量不足からセックスに必要になる満足な勃起が出来ない場合です。
強制的に血管を拡張させて血液を海綿体の毛細血管に流れ込ませ、それによって勃起を促しているのです。

しかし女性の性器はセックスでそのような変化を必要としておらず、ラブグラは肉体的・精神的な理由でセックスをしたくない不感症になってしまった女性に対して利用されています。
女性が不感症になるとセックスに対して嫌悪感を覚えるようになってしまい性欲が高まりません。
そのために膣から内分泌液が放出されないために男性器を挿入されて動かされると潤滑油が無い状態なので、痛いだけで全く快感が得られないため更にセックスを嫌がるという悪循環に陥ってしまいます。
女性用のバイアグラであるラブグラは、その利用目的が男性とは違っていると言っても間違いありません。

どちらもシルデナフィルを使っているので同じ副作用が生じます。
血管を急速に拡張させるので頭部の血圧が急激に低下して頭痛を発症するケースが特に多いです。
他には頭部の血液が顔面に集まることで引き起こされる顔面の火照りと、鼻の粘膜にある毛細血管が充血するので鼻詰まりが起きやすくなるでしょう。
また薬を胃で分解吸収して取り込むのですが、その成分が体質に合っていないと腹痛や吐き気を引き起こしたりもします。
しかしシルデナフィルの効果が持続するのは服用して5~6時間程度なので、効果がなくなると副作用も自然に軽減されていきます。

成分が同じシルデナフィルなのにラブグラがある理由

男性と女性では性器の作りが全く違っていて、セックスに対しての反応の仕方も違っています。
男性は陰茎内の海綿体に血液が流れ込んで膨張することで勃起という状態が生じますが、女性の膣は勃起した陰茎を受け入れるだけなので目立った変化は現れません。
しかし女性の場合は精神的なストレスやホルモンバランスの崩れや体調不良、または病気などでセックスに対して性的興奮が欠如する不感症になってしまいます。
セックスをしても全く快感が得られないために嫌悪感を持つようになって性行為をしたくなくなってしまいます。

男性は性欲があるのに陰茎がそれに応じてくれないのに対して、女性は肉体的に問題がなくても精神的にセックスをしたくないため、体がセックスに対応してくれないという異なった理由が存在しています。
同じシルデナフィルを使っていても、精神的な問題を肉体で改善させるために女性用にはラブグラが販売されているのです。
このラブグラを服用すると膣の周辺部の血管が拡張されて血液の流れが良くなり、それによって膣の内分泌液の放出が活発的に行われるようになります。
この膣の内分泌液こそ女性の性欲を高めるには不可欠な物質であり、この内分泌液が出ると性的興奮が脳に伝わって性欲が生じて来るのです。
不感症になる女性の多くはこの膣からの内分泌液が規定量以下しか出ないか、または全く出ないために性欲を感じなくなるので、不感症の改善にはこの膣からの内分泌液をいかに放出させるかにかかっているかと言って間違いありません。

セックスは男性だけが良くても女性だけが良くても満足いく結果は得られないでしょう。
人間の体はとてもよく出来ていて、どちらにもセックスで快感を与えることで継続的な性行為を促しているのですから、男性だけが改善されても意味がないので、女性の不感症に対応したラブグラの存在意義が強まってくるのです。