バイアグラという名前は何度か目にしたことがあるはずです。世界で最も愛用されているED治療薬で、シルデナフィルという成分が勃起を促進してくれます。そんなバイアグラを簡単に試す方法としては通販サイトを利用するという手段が挙げられます。このサイトでバイアグラが自分に合うか確かめてから購入してみましょう。

女性の性欲低下を改善する成分「フリバンセリン」

この記事は約 4 分で読めます。

男性の衰えた性欲を改善させるための医薬品としては、バイアグラなどの商品が開発されてきましたが、女性用のそうした医薬品は長い間、開発されませんでした。
女性と男性では体の構造や機能が大きく異なっているために、男性のように医薬品の力だけでは精力を増大させることはできないとも考えられてきたのですが、最近になって女性にも効き目がある性欲を改善するための薬が開発されました。
それがフリバンセリンという名前の医薬品です。

この薬はもともとドイツの製薬会社で開発されたもので、2010年代の中ごろにはアメリカ合衆国の食品医薬品局から正式に女性の性欲の減退を抑制するために効果のある薬として承認されました。
そのことによってフリバンセリンの存在は世界中の人に広く知られるようになって、現在では世界各地に住んでいる多くの女性に、性欲減退の抑制を目的にするために使用されています。
フリバンセリンがアメリカの食品医薬品局からこうした承認を得ることができた背景には、この薬の効果にある臨床試験が十分な時間をかけて行なわれた結果です。
これによりこの薬には女性の性欲に働きかけることができるという科学的な確証を得られたからです。

この薬が開発される以前にも女性の性欲向上を目的とする薬はいくつか存在したのですが、それらは科学的な根拠に基づかないものが大半であり、その点においてフリバンセリンの開発は画期的な意味を持っています。
フリバンセリンはアディーという商品名でアメリカなどの地域を中心にして販売されていますが、2018年現在日本ではまだ承認されていないために、どうしても服用したい場合には個人輸入などの方法で購入する必要があります。
フリバンセリンにはアディー以外にもジェネリック医薬品としてフリバンという商品も販売されています。
ジェネリックであるために、成分や効果はアディーと同じですが、フリバンはアディーよりも安い価格で購入できることが特徴です。

バイアグラやラブグラと違うアプローチで作用する薬

女性用の性欲減退を防ぐ医薬品として開発されたフリバンセリンですが、その働きは男性用の医薬品であるバイアグラとは異なっています。
また女性の性欲を向上させるための医薬品として別に開発されたラブグラとも異なったアプローチで、働きかけるのが特徴です。

ラブグラは女性の生殖器官の周辺を流れている血液の流れを向上させることにより、女性の性欲を向上させる働きをしますが、フリバンセリンは全く異なったアプローチにより女性の性欲に働きかけます。
人間が性的な刺激を感じたときそれを体の中に伝えるのはドーパミンという物質ですが、フリバンセリンの成分にはこのドーパミンの伝達を向上させることができる働きがあります。
そのためにフリバンセリンを服用した後一定の時間は、同じ程度の強さの性的刺激を外部から受け取った場合でも、体内で感じる性的な興奮の強さはより大きくなります。
こうした働きによってフリバンセリンは加齢などの理由によって減退した性欲を向上させる手助けをすることができます。

またフリバンセリンにはドーパミンの伝達だけでなくて、ドーパミンの分泌も向上させる働きもあります。
そのために人によっては服用後に非常に強い性欲の増大を感じている人もいます。
ドーパミンの働きを助けるとともにフリバンセリンには、女性の体の中で性欲を減退させる方向に働きかける物質の働きを、抑制する効果もあります。
興奮を感じたとき人間の体内からはセロトニンという物質も自動的に分泌されて、それがドーパミンの働きを抑えているのですが、フリバンセリンにはこのセロトニンの分泌を抑制する働きもあります。
こうした一連のアプローチによってフリバンセリンは科学的に女性の性欲を向上させることが可能になっています。