バイアグラという名前は何度か目にしたことがあるはずです。世界で最も愛用されているED治療薬で、シルデナフィルという成分が勃起を促進してくれます。そんなバイアグラを簡単に試す方法としては通販サイトを利用するという手段が挙げられます。このサイトでバイアグラが自分に合うか確かめてから購入してみましょう。

満腹時でも服用できるバルデナフィル配合のレビトラ

この記事は約 4 分で読めます。

レビトラはドイツの製薬会社が世界で2番目に開発したED治療薬で、食事の影響を受けにくいというメリットがあります。
世界で最初に開発されたED治療薬であるシルデナフィル錠は、食事の影響を受けやすいのが特徴でした。
その欠点を克服したのがレビトラの有効成分であるバルデナフィルです。
バルデナフィルは即効性があり、空腹時に服用すると約20分で効果が現れます。
さらに服用から約45分で血中濃度が最大になります。
性行為の約1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。

レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
病院では主に10mgか20mgが処方されます。
用量が多い場合にはピルカッターで割って服用することも可能です。
そのため5mgはあまり処方されていません。
レビトラは通販サイトを利用して個人輸入することもできます。
病院で処方を受ける場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1500円で20mgは約1800円とされます。
個人輸入する場合は10mgが1錠あたり約1370円、20mgは約1420円で購入可能です。

通販サイトで医薬品を購入する場合には、まとめ買いにより価格を安くできます。
レビトラの場合は20mgの錠剤を12錠まとめ買いすると1錠あたり約1348円、28錠ならば約1277円になります。
健康上の問題がない場合には、病院で処方を受けるよりも個人輸入した方が経済的です。
通販サイトではレビトラ以外にも安いジェネリック医薬品を購入できます。
ジェネリック医薬品にもレビトラと同じバルデナフィルが含まれているので、効果などは同様です。

バルデナフィルは即効性があり、短時間でペニスを勃起させることができます。
また食事の影響を受けにくく、服用前にエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事を摂取しても問題はありません。
レビトラにもめまいや頭痛などの副作用がありますが、症状は基本的に軽いものです。
安全で扱いやすいED治療薬なので、レビトラは世界的に人気があります。

食事の影響を受けないED治療薬として有名

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、食事の影響を受けにくいことで有名です。
エネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事を服用前に摂取できます。
ただし効果を高めるには空腹時に服用するとより効果的です。
レビトラは即効性があり、空腹時に服用すれば約20分でペニスが勃起します。
また服用から約45分で血中濃度と効果が最大となります。

バルデナフィルは性行為の約1時間前に水かぬるま湯で服用します。
少量のアルコールで服用することもできます。
アルコールは気分をリラックスさせるため、適量あればレビトラの効果を助けます。

一方過度の飲酒は酩酊状態を招くので注意が必要です。
また服用後は血管が拡張されて酩酊しやすくなるため、飲酒を控える必要があります。
レビトラには軽いめまいや頭痛、顔のほてりや鼻づまり、消化不良などの副作用が存在します。
即効性があるので副作用を発症しやすく、服用した患者の9割以上に何らかの症状が見られます。

レビトラの副作用はいずれも軽いため、大きな問題はありません。
食事の影響を受けにくく、短時間で安全にED治療ができます。
ただし硝酸剤などの医薬品を使用している場合は服用できません。
また直近6か月以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血の既往歴がある場合なども同様です。
健康上の問題がある場合には、医師に相談する必要があります。

レビトラは病院で処方を受けることもできますが、通販サイトで安く個人輸入することも可能です。
通販サイトではレビトラだけでなく安価なジェネリック医薬品も購入できます。
健康上の問題がない場合には、レビトラやジェネリック医薬品を個人輸入した方が経済的です。
未承認のジェネリック医薬品の輸入・販売は基本的に禁止されていますが、個人的な使用を目的とする輸入と手続の代行は合法とされています。
レビトラなどバルデナフィル錠を利用すれば、食事の影響を受けず安全にED治療ができます。