バイアグラという名前は何度か目にしたことがあるはずです。世界で最も愛用されているED治療薬で、シルデナフィルという成分が勃起を促進してくれます。そんなバイアグラを簡単に試す方法としては通販サイトを利用するという手段が挙げられます。このサイトでバイアグラが自分に合うか確かめてから購入してみましょう。

この記事は約 7 分で読めます。

EDは男性の多くが発症している症状であり、それによって性行為が困難となるので男性には重大な問題です。
しかし、自分の身体的欠陥を医師とは言っても他人に知られたくないという気持ちや、自分の男性器を見せなければいけないという羞恥心から、できれば医薬品を使って治療を行いたいという人は増えています。
医薬品だけでも高い効果が実証されていて、しかも薬局や医療機関を受信しなくても個人で購入することが可能になっているため、EDで悩む男性にとっては都合のいいことばかりです。
そんなEDという切実な問題に直面している男性のために、通販でED治療薬を購入することについて紹介をしていきましょう。

元は狭心症の治療薬として開発されたシルデナフィル

ED治療の医薬品として販売されている代表といえばバイアグラですが、このバイアグラに主成分で配合されているのはシルデナフィルというものです。
このシルデナフィルが開発された最初の目的は狭心症の医薬品なのですが、実際に臨床試験を行ってみても高い効果が実証されなかったため、狭心症の薬としてはあまり使用されていません。
しかし、その臨床試験の段階でシルデナフィルを服用した患者から自覚していないのに勝手に男性器が勃起をしたという報告がいくつもされました。

もしかして男性の勃起を促す作用を持っているのではないかと考えられて調べてみました。
肉体的な血行不良で陰茎内の海綿体に血液が流れにくくなってEDとなった症状に対し、陰茎周辺部の血管を拡張させて血流量を増大することで改善できることが分かり、現在のような使われ方となったのです。
狭心症とは血管が狭くなったために心臓に流れ込む血液が不足したため虚血状態となり、心臓の機能が阻害たれたために発症する病気です。
その治療薬でシルデナフィルを使用したのはその血管拡張作用を利用して症状の改善を図ったのです。

血管拡張作用は実証されましたが、それが狭心症に効果が出るほど心臓の血流量が増えたわけではなかったので狭心症治療薬では使われませんでした。
偶発的に発見された男性器への血流量を増大する効果が極めて高かったことで、そこからED治療薬で使用するようになっていったのでした。
医薬品には当初の目的として開発した効果がなく、別の作用で違う症状に適合するというケースがあるのですが、このシルデナフィルは狭心症治療薬がEDに効果があると認められたのですから、その典型とも言えます。
しかし、このシルデナフィルが現在のED治療には欠かせないものとなっているのも間違いありません。

バイアグラの効果と使用方法

バイアグラは短時間で男性器への血流量を増大させ、陰茎内にある海綿体に血液を流れ込ませてEDを一時的に治してくれる治療薬です。
肉体的な理由でEDとなった場合はこの血行不良が主な原因であるため、陰茎周辺部の血管を拡張して陰茎内にある海綿体に血液を流れ込ますバイアグラの作用はまさにED治療薬として効果的なのです。
バイアグラは医療機関で処方してもらえますが、シルデナフィルを含んだジェネリック医薬品は個人輸入という形式を使えば通販で購入できるので、こちらの方法を選択する人が増えています。

使用方法は性行為を行う一時間前に服用すれば、その薬剤が胃で分解されて成分が体に吸収されますので効果が生じてきます。
胃で分解されて体内に吸収することで効果が生じるので、使用する場合には空腹状態が望ましくなっています。
もし胃に食物などの内容物があれば、その内容物を分解する時間が必要になってきて一時間では効果がでなくなるケースも出てきます。

その内容物も油分が多いと更に分解するのに時間を要するので、バイアグラを服用するのであれば食事にも注意が必要になってくるのです。
服用するには水がいいのですが、お茶でも問題ありません。
アルコールは少量であればいいのですが、アルコール自体が血管を拡張する効果を持っているので、過剰に血管が拡張されるので別の危険性を持つことになるので行うべきではありません。

また牛乳のような脂質を含んでいるとやはり効果が遅くなる傾向が強いので、牛乳などで服用するのも避けて下さい。
バイアグラは高い効果が実証されていますが、あくまでも一時的にEDを改善するものです。
EDが完治されるわけではないので、完全に治療して治したいのであれば専門の医療機関で診てもらうようにして下さい。

気をつけておきたいバイアグラの副作用とは?

バイアグラは血管を拡張する効果を持っているのですが、この血管拡張は陰茎の周辺部だけで起きているのではありません。
体の全体で起きているので、副作用もこの別の場所での血管拡張が副作用となって生じてきます。
特に副作用として多いのは頭痛です。

血管拡張が頭部で起きると血液の流れが良くなりすぎるため、重力の関係で頭部の血液が下がってしまうので急激な血圧低下を招き、これが頭痛の原因となっているのです。
バイアグラの副作用で多いのは頭痛ですが、他にも副作用は生じます。
頭部から血液が顔面を通って下がっていくため、顔が火照ったり鼻の粘膜が充血するので鼻詰まりを起こすこともあります。

また体質的に合わなければ胃で分解吸収する時に消化器系に影響を与え、腹痛や嘔吐、下痢などを起こす場合も出て来ます。
しかし、これらの副作用は発症しても24時間以内で改善させて軽減していくので安心して下さい。
これはバイアグラの効果が通常では服用して5~6時間程度なので、効果が無くなったために血管拡張が元の状態になることで治っていくのです。

バイアグラを服用して起きる副作用は時間の経過で良くはなりますが、いくら経っても軽減していかないのでしたら他の薬と併用することも可能となっています。
ただし、医療機関で処方される医薬品に分類される薬ではなく、医薬品を含んでいない市販された薬に限ります。
頭痛は長引くこともあるため、心配になるのでしたら市販されている頭痛薬を飲んでみて下さい。

バイアグラを服用しても市販の薬なら問題は出にくいのですが、やはり薬の併用というのは問題を生じる可能性が出てしまいます。
気になる場合には自己判断で薬を購入するのではなく、医療機関で診てもらうことをお勧めします。

バイアグラの併用禁忌と注意点

バイアグラは市販されている薬は併用できるのですが、医薬品では併用してはいけない種類のものが有ります。
心臓に疾患を持っていたりペースメーカーを使用している人は血流の状態が変化してしまうため、単なる副作用ではない重篤な状況に陥る危険性を持っています。
また血管が弱くなっている人では急激な血流量の増加が起きてしまうので、血管が破れて内出血を引き起こすことも有ります。

医療機関で処方されれば医療関係者から副作用や併用が禁じられている薬や病気について説明を受けます。
個人輸入で購入すれば付けられている説明書を自分で読まなければいけないので、時にはその行為を省く人もいるでしょう。
そうすると併用禁忌されている病気や薬についての知識が無いため、最悪の事態に陥る危険性が高くなってしまいます。
バイアグラはEDの男性を一時的にでも性行為が可能となる状態に導いてくれるのですが、注意すべき点が多く存在しています。

またアルコールを過剰摂取している状態で服用すると効果が出にくくなっています。
これは眠気が誘発されるために脳が性行為に必要な興奮状態を陰茎に伝達されないために勃起が誘発されないのが原因です。
肉体的な理由で勃起が出来ないのではないためバイアグラの効果が期待できません。
バイアグラの効果が出る条件としてはEDが肉体的な原因に寄与していて精神的な理由ではないこと、そして性的な興奮を感じていて物理的にも陰茎に刺激を与えていなければ、いくらバイアグラを服用していても勃起は誘発されないのです。

そのため性的興奮を持っていないのにバイアグラを飲んで何とかしようとしても意味がありません。
バイアグラを服用してまで性行為を行いたいのであれば、そのための肉体的な準備と精神的な高まりが必要になってくるのです。