バイアグラという名前は何度か目にしたことがあるはずです。世界で最も愛用されているED治療薬で、シルデナフィルという成分が勃起を促進してくれます。そんなバイアグラを簡単に試す方法としては通販サイトを利用するという手段が挙げられます。このサイトでバイアグラが自分に合うか確かめてから購入してみましょう。

ED治療薬シアリスのジェネリック薬に違いはあるの?

この記事は約 4 分で読めます。

シアリスはヨーロッパで開発されたED治療薬で、2002年11月に承認され翌年にはヨーロッパだけでなくオーストラリアやニュージーランドで販売が開始されました。
アメリカでは2003年11月に承認されています。
日本で承認されたのは2007年7月で、同年9月から販売が開始されました。
シアリスには有効成分としてタダラフィルが含まれています。
ED治療薬には様々な種類がありますが、タダラフィルは遅効性と長い持続時間が特徴です。

基本的にどのED治療薬に含まれる有効成分にも血管拡張効果があります。
血管の拡張により血流が促進されると、海綿体に多くの血液が流入してペニスが勃起します。
タダラフィルは分子構造がブロック状なため、服用後体内でゆっくりと吸収されます。
効果が現れるまでには3時間ほど必要になります。
シアリスの効果は服用後緩やかに現れるため、めまいなどの副作用が発症しにくいというメリットが存在します。
持続時間は用量によって異なりますが、最長で36時間です。

シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
一般的な病院では効果が強い10mgか20mgを使用して治療を行います。
10mgの持続時間は20時間から24時間で、20mgの持続時間は30時間から36時間です。
病院で処方を受ける場合の1錠あたりの価格は10mgが約1700円、20mgは約1800円とされます。
シアリスは病院で処方を受ける他に、通販サイトを利用して個人輸入することも可能です。
また海外製の安価なジェネリック医薬品も存在します。

日本国内ではタダラフィルの特許期間が満了していないため、国産のジェネリック医薬品は製造されていません。
海外では主にインドでシアリスのジェネリック医薬品が製造・販売されています。
通販サイトを利用すれば、シアリスだけでなくジェネリック医薬品も個人輸入することができます。
海外製のジェネリック医薬品は日本国内で未承認ですが、個人的な使用を目的とする輸入や手続の代行は合法とされています。

錠剤の他にゼリータイプやチュアブルタイプもあり

シアリスには主にインドで製造されている様々なタイプのジェネリック医薬品が存在します。
インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。
製法を変更することで、タダラフィルを含むジェネリック医薬品を自由に製造できます。
またインドの製薬会社は政府から許可を得てジェネリック医薬品を製造しており、安全性も優れています。
インドで製造されているジェネリック医薬品には錠剤の他にもゼリータイプやチュアブルタイプ、ODフィルムタイプなどが存在します。

シアリスは遅効性があり、効果が現れるまで3時間ほどかかります。
そのため性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用するのが通常です。
少量のアルコールで服用することもできます。
アルコールにはリラックス効果があるので、適切な量であればシアリスの働きをサポートします。

大量に飲酒をすると酩酊状態となるので注意が必要です。
また服用後は血管が拡張されて酩酊しやすい状態となるので飲酒を控えます。
タダラフィルは食事の影響を受けにくいため、800kcalまでのものを服用前に摂取できます。

シアリスは副作用を発症しにくいだけでなく、食事の影響をあまり受けず持続時間が長いなど様々なメリットがあります。
海外で製造されたジェネリック医薬品にも同じ成分が含まれており、効果などの特徴は同様です。
錠剤だけでなくチュアブルタイプやゼリータイプなども存在します。
チュアブルタイプやゼリータイプ、ODフィルムタイプのジェネリック医薬品は、水がなくても服用できるので便利です。
自分の都合に合わせて利用できます。

シアリスには様々なジェネリック医薬品があります。
効果などはシアリスと同様ですが、価格が非常に安いのが特徴です。
通販サイトを利用して個人輸入すれば、ED治療の費用を大幅に下げることができます。